お役立ちコンテンツ

難聴について

難聴について

難聴について理解しましょう

難聴の種類は大きく分けて3つあります。下記の耳の構造の図を参考にご説明いたします。

耳の構造
難聴の種類と障害箇所
難聴について
1. 伝音性難聴
外耳と中耳の障害によって起こる難聴のことを伝音性難聴といいます。これらの部分は音を内耳に伝達する働きをするのですが障害が起きてしまうと音が伝わりにくくなります。
治療によって治る可能性はありますが、補聴器が役に立つ難聴と言えるでしょう。
難聴レベル
軽中度まで
代表的な病気
外耳と中耳の障害によって起こる難聴のことを伝音性難聴といいます。これらの部分は音を内耳に伝達する働きをするのですが障害が起きてしまうと音が伝わりにくくなります。
治療によって治る可能性はありますが、補聴器が役に立つ難聴と言えるでしょう。
2. 感音性難聴
感音性難聴は伝音性難聴と違い、音を感じる部分の障害です。
内耳やその奥の蝸牛神経、脳の障害で起きますが、大半は内耳の障害と言えるでしょう。感音性難聴の原因で多いのは加齢によるものです。
現段階では治療法は無く、補聴器は役には立ちますが、正常な状態にはならないでしょう。
難聴レベル
高度な難聴
代表的な病気
加齢による難聴として高音域から聞こえが悪くなる症状があります。
他には仕事などで大きな音の環境にいることで騒音性難聴やロックやコンサートなどで強大な音の環境にいることで急性音響性難聴などあります。また、突然に聞こえが悪くなる突発性難聴もあります。
3. 混合性難聴
混合性難聴とは、伝音性難聴と感音性難聴が混在している難聴です。障害の比率により、混合性難聴であっても違った性質になります。
難聴レベル
高度な難聴
代表的な病気
慢性中耳炎や耳硬化症などあります。
このように代表的な3つの難聴がありますが、聞こえがおかしいと思ったら耳鼻咽喉科の医師に相談してください。

難聴レベルをもとに補聴器を選びましょう

ご自分の難聴レベルが把握できたら、レベルに応じて相応しい補聴器を選びましょう。

  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • ziel
  • ziel
  • レンタルはこちら

難聴レベルをもとに補聴器を選びましょう

ご自分の難聴レベルが把握できたら、レベルに応じて相応しい補聴器を選びましょう。

  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • レンタルはこちら
  • ziel
  • ziel
  • ziel
  • レンタルはこちら

「耳かけ式」「耳穴式」「ポケット式」タイプで選ぶ


お問い合わせ窓口


補聴器のメンテナンス調整について

高度管理医療機器証明
補聴器が初めての方へ
よくあるご質問
オリジナル補聴器

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間は平日9時~18時となります。土日祝日は定休日となります。営業時間外や定休日の商品出荷手配・お問い合わせの回答等は、翌営業日に行っております(一部、定休日でも出荷可能な商品もございます)。
ご注文の受け付けは定休日も含め、毎日行っております。

ページトップへ